「いたいの いたいの とんでけー」の秘密

みなさんこんにちは。

お子さんが歯の治療の後で痛がっているの時、それを紛らわすために使うおまじないの言葉として「いたいの いたいの とんでけ(とんでいけ/とんでゆけ)」という言葉がありますよね。

果たして、この言葉どこから始まったのでしょうか?

ウィキペディアを調べてみると、実はザ・ドリフターズのメンバーである加藤 茶(かとう ちゃ)さんが「8時だョ!全員集合」で数ある持ちネタ・ギャクの一つとして、この「痛いの痛いの飛んでけー」というフレーズを使い始めたことがきっかけだったようです。
古くからから伝わるおまじないかと思いきや、この言葉が使われだしたのはここ数十年のことなんですね。

今みなさんが普通に使っている『最初はグー』というジャンケンのフレーズも、実は番組で志村けんさんが言い始めたことから世の中に浸透したそうです。今みなさんが当たり前に使っている言葉が、元々はギャグから始まっていたなんて驚きですよね。