2017年3月20日

診療内容 こども歯科

小児歯科では主にむし歯の治療、歯磨き指導、歯石除去、フッ素塗布、矯正などを行います。小児歯科では年齢制限は特になく、お子様の成長に合わせて治療を行なっております。

小児には乳歯という子供の歯が生えており大人の歯に比べて柔らかく、水分が多いのが特徴です。乳歯は大人の歯に比べてむし歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。乳歯は抜けてしまうのでむし歯になっても大丈夫!と勘違いされている方もいらっしゃると思いますが、乳歯は大人の歯が綺麗に生えるため大事な役割を持っています。大人の歯をキレイな歯並でむし歯にならないようにするためには乳歯の時から予防をしっかり行うことが重要です。

原因(理由)

患者の声

料金

治療方法